学歴が良い先生

学歴が良い先生のメリット

個別指導塾の先生選びをする際に、学歴を比較する方が多いのではないでしょうか。確かに学歴の良い先生に教えてもらった方が、子どもの学力がアップするイメージが浮かびやすいと言えます。学歴の良い先生のメリットは、効率的な勉強方法を知っているという点です。レベルの高い大学に合格するためには、それなりの勉強を行わなければなりません。国立か私立かによっても異なりますが、大学受験は勉強する範囲が広いので、効率よく勉強していかないと難関大学へ合格するのは難しいといえます。このような学歴の良い先生に教われば、勉強の内容を教えてもらうのと同時に、効率的な勉強方法を学ぶことができるので、子どもの学力を上げることにつながります。

学歴が良い先生のデメリット

逆に学歴が良い先生のデメリットは、勉強がわからない子どもの気持ちがわかりにくい点です。生徒がわかりづらい点を理解できないと、生徒に成績をアップさせるような課題を出すことが難しくなってしまいます。また理解力が低めの生徒に教える時は、簡単なことでもかみ砕いてゆっくりと教える必要あります。しかし学歴が良い先生だと、基礎的な部分でつまづいた経験がない場合が多いので、このかみ砕いてゆっくり教えるという発想が出てこない先生は、個別指導で理解力の低い生徒を教えるのが難しいと言えるでしょう。また学歴が良い先生の中には、コミュニケーション能力が低い場合もあるので注意が必要です。学歴だけでなく先生の雰囲気などを確認して選ぶようにしましょう。

中学受験の塾とは学校学習の補助のための塾とは違い、志望校に合格することを目指すための塾です。そのため、受験する中学校に合わせたカリキュラムや学力を確認するためのテストが必須です。