授業内容が分かりづらい場合は先生をチェンジしてもらう

授業が分かりにくいなら代えてもらおう

個別指導塾で成績アップを狙いたいのであれば、子どもと相性の良い先生を選ぶことが大切です。授業が分かりにくいなど子どもとの相性が悪いなと感じることがあるなら、先生を代えてもらうことも検討してみましょう。塾は生徒がわかるように授業を行うことが仕事であるので、子どものやる気を引き出してくれるような先生を見つけ出すことがポイントになります。どんなに良い授業を行う先生であっても、先生との相性が悪ければ、子どもはやる気を出すことがありません。やる気を出さなければ成績アップを狙うことも難しくなってしまうので、子どもの様子を見つつ必要があれば先生を代えてもらうようにしましょう。子どもが塾で教えてもらったことを理解することが大切なので、不安を感じたら実行に移すことが大切です。

教え方の上手い先生の特徴とは?

個別指導塾では先生と生徒との相性が大切ですが、それ以外にも教え方の上手い先生を選ぶことが大切です。教え方が上手い先生の特徴は、解説する時に速すぎることがなく、子どもがわかりやすいペースで指導を行う点です。また生徒が質問しやすい環境を作るのが上手な点も教え方が上手い先生の特徴となっています。塾の先生は勉強ができる頭が良い方が多い傾向なので、勉強ができない子どもがどの点でつまずいているのかをわからないことがあります。したがって塾の先生を選ぶ時は、学歴が高いなど学力を基準として選ばないことが大切です。さらに塾の指導力のシステムもきちんと確認することがポイントになります。システムがしっかりしている個別指導塾は、指導力のレベルが高いからです。

中学生の塾には個々の学習の進度に合わせた指導をしたり、高校受験に重点を置いた学習方法に重点を置くなどがあります。